木酢液Q&A

木酢液に関するよくある質問とその回答

質問1:木酢液とは?

木酢液とは?

木酢液は炭を焼くときに煙から採った透明度のある茶褐色の液体で、樹木の細胞液で純粋の天然物です。

広葉樹(ブナ科)のナラ・カシ類の樹齢が30~40年の適材を様々な工程(伐採 → 葉枯らし → 枝払い → 玉切りなど)を経て炭は焼かれます。(注意:建築廃材などを炭に焼いている場合がありますからご注意ください。)煙の温度が80℃~120℃の温度管理のもとに採取したものが良質の粗木酢液です。

採取直後のものを粗木酢液と呼び、貯蔵槽に移して6ヶ月以上の静置(熟成)期間を経て浮遊部分と沈殿部分を取り除いたものが純正の木酢液となります。

質問2:強い香りがあるのはなぜ?

木酢液の香りは多数の成分が化合した煙の匂いで焼き芋にも似ていて、整腸薬の正露丸でお馴染みのものです。

(注意:異常に強い不快な、ムウッとする刺激臭のあるものは、氷醋酸などを混入してpHを調節している類似品です。)

この香りを嫌うお方もありますが、木酢液が蒸発するとき嫌なニオイを取ってくれるので、昔から消臭剤として利用されてきました。又、入浴時に入れた時のサラッとしたきわめて爽快な香りと芳香はストレスを解消してくれる重宝なものとして評価されています。

質問3:水虫が治るのはなぜ?

酢酸を主体に200余種の有機酸・脂肪酸が豊富に含まれている。木酢液は殺菌力が強く、しかも、皮膚の組織にしみ込む作用がすぐれている ので、その有効成分が、角膜層のケラチン(角質)と科学的に結び付き角膜層に住みついている水虫菌を徹底的に退治してくれるという事になります。

木酢液で水虫を治した人たちの体験談によれば精溜液を塗ってもよいし約10倍に薄めた液を洗面器などに入れて5分以上浸すと一層効果的だということです。

山間地に住む人たちのあいだに炭窯の煙から採れる液が水虫に効くということが体験的に知られたものが木酢液なのです。

質問4:ケラチン(角質)をふきとる化粧は最良のケア?

角質除去(ふきとり)で肌表面のメラニンを含んだ不要な角質を早く代謝させて肌を明るくします。シミやソバカスの原因を取り除くことによって自然化粧の効果を発揮 いたします。また、ニキビにも効果的です。

質問5:アトピーに効くのなぜ?

木酢液の効用は、主成分に酸・アルコール・エステル・アルデヒド・フェノール・ケトン・炭化水素で、抗アレルギー性の殺菌・消炎作用によるところが多い。即ち,酢酸は皮膚表面の角質軟化や収れん作用(引きしめる働き)を、また、アルコール類は殺菌・消毒作用を有します。その上、炭素粒子が多く含まれているので老廃物を除去して皮膚細胞の活性化及び老化防止になります。この作用がアトピーに良い結果をもたらすほか,老人性乾燥皮膚炎,慢性湿疹、かいせんなど、肌のトラブルケアにお使いください。

皮膚は水道水の塩素の蒸発で生じる強い刺激を嫌います。木酢液は塩素を消去するとともに、血液の循環がよくなりかゆみを和らげます。温浴による気分転換の効果は疲労の回復を高め体質の改善を促し、症状を和らげて健康なお肌を蘇らせてくれるもとになります。花粉症にも効果的で、抗酸化剤としての性能も明らかです。

質問6:なぜ便秘が治るのですか?

木酢液は、体の各部位に働きかけて、衰えた機能に活力を取り戻す力を作り出すものがあると考えられます。即ち、汚染された飲む水・食べる食物・吸う空気・浴びる光線等によって毒された肉体は抵抗力が弱まり、さまざまなトラブルが発生しております。腸や胃の働きを弱める結果が便秘となって現れるのでしょう。

木酢液は、腸の働きを活発にし、活力を取り戻していく結果、毎日便が出るように作用するものと考えられます。

また、皮膚を侵すのがアトピー・水虫・老人性乾燥皮膚炎・慢性湿疹等であり、お肌の老化原因を予防しますのでしっとりとしたお肌になります。毛根の衰弱によるものがハゲの原因とみられます。

質問7:肝炎、糖尿病にも効果があると言われますが…

木酢液には肝臓の解毒作用を強め、肝炎の症状を緩和する効果のあることが長年の動物実験などからも確認されております。

肝炎患者が木酢液の薬効成分を調合した3%溶液を1日20cc服用したところ2日後より全身の倦怠感が消え、食事もとれる様になりました。さらに、1日50cc増量すると自覚症状がなくなり、血液の生化学的検査の結果も良くなったと言う臨床例が報告されています。

具体的な効果として、『食欲が増進し便通や排尿が良くなり睡眠が深くなる』『肌がしっとりして、きめが細かくなる』などの事例から、内分泌系のホルモン作用にもなんらかの効果がみられるのではないかと考えられております。【参考文献:田村 豊年著『基礎と臨床』より】

糖尿病の症状をつくるアロキサンは、血糖値尿糖値を高めるばかりでなくいろいろな障害を与えるようです。これを注射したネズミは尿たんぱくも出るし、アセトン体が出てくると潜血もみられました。この状態のネズミに木酢液5%溶液を与えていくと、最初に蛋白やアセトン体が消え、それから血糖値が改善されることが判明しております。

『人間の場合も全身の倦怠感や喉の渇きと言った症状を抑え血糖値が下がって来るということが考えられる。糖尿病による白内障の進行を木酢液5%溶液を1日30~50ccの服用によって諸症状が改善されたというデータが報告されています。』【参考文献:金武 朝春著『霊原素アトムの秘密』より】

質問8:旨味が出るとはどういうことですか?

木酢液は、各種化学調味料の及ばないところで、旨味を引き出す作用を持っております。

例えば、木酢液をかけた豚肉とそのままの豚肉を冷蔵庫に7日間入れていたあと取り出してみると、木酢液をかけた豚肉は新鮮さを保ち美味で、そのままのものはカビが生え出していました。

また、ご飯を炊くときに木酢液を1合に付き2~3滴入れておきますとご飯は大変美味になり、冷飯になった時も旨味を持続しております。

その他に、ウィスキーや日本酒に少し木酢液を振り込むと、非常にまろやかになり、のど越しがなめらかになります。愛飲家の方には重宝されております。

活性酸素(酸素毒)によって血管の内皮が傷ついたり、組織が傷ついたり、遺伝子が傷ついたりするのです。木酢液には、その害を最小限に防ぐ抗酸化剤となる性能も明らかになっています。

森林・樹木に被われた精気は森林浴として健康増進に役立つことはご存知の方も多いでしょう。そういった精気の素である弊社の木酢液、『モクサク』は、樹木の成長に必要な細胞液で、強い浸透性を備えております。

多くの有用な成分は自然のもので、化学合成品(薬品)ではありませんから安心感とともに確実な効果をお試しください。

お問い合わせ

木酢液に関するご相談・ご質問は下記までお気軽にお問い合わせください。

0883 兵庫県神戸市長田区名倉町4丁目1-20
TEL :(078)611-2023 / FAX:(078)611-2011

木酢液(モクサク)の通販なら株式会社 土井商店

メールでのお問い合わせはコチラ

皆様からお寄せいただきましたご意見・ご感想などは当サイトにご紹介させていただく場合がございます。

取扱商品